slide one
住まいを守り街を彩る大桑建塗工業
slide two
安心の自社施工だからお値打ち一級塗装技能士による丁寧な作業
slide three
シックハウス対策に最適な塗料チャフウォール
slide four
高い技術と知識であなたの個性を活かします
slide five
新築住宅にも既存住宅にも超耐久性次世代塗料!ルミステージ

塗装について・耳より情報

このコーナーでは、少し塗装や塗料についての専門的なお話をご紹介いたします。
お客様の中には色やイメージについて強いこだわりがあっても、必要な知識をお持ちで無い方のほうが多いのではと思います。
ほんの一部のご紹介ではありますが、皆様のお役に立てればと願っております。

塗り替えの時期について

住宅のお手入れは「木・鉄3年 壁8年」と言われております。
これは、お家の木部・鉄部は3年ごと、外壁は8年ごとの塗り替えがお家の耐久力を維持する為に理想的であるということです。
実際の塗り替えとなると、部位ごとでその度に塗装すると費用が嵩んでしまいますから、新築で5年目くらいを目安にお考えください。知らないうちに普段は気が付かない場所が痛んでいることもあります。ただし、立地条件などにより劣化の早い場合があります。次の項目で一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

塗り替え時期を知らせるサイン

雨水汚れ・コケ・カビなど微生物の発生

建物自体への影響は殆どありませんが、外観がかなり損なわれます。せっかくのお家ですから気持ちよく過ごしたいですよね。

屋根の色あせ・塗装面の色あせ

紫外線などの影響で塗料が劣化し始めるサインです。

塗装面の剥がれ

塗膜がコンクリートや下地から浮いた状態になり、それが進行すると剥れになってしまいます。原因は、ひび割れからの雨水の浸入や、経年による塗材劣化によるものと考えられます。

塗装面のチョーキング

紫外線、雨などの影響で表面が劣化して粉状になります。遊離していく状態で、ここから色もあせてきます。

ひび割れ、浮き

紫外線などの影響、経年により、仕上塗膜が劣化し、弾力を失いひび割れ、そして浮き、剥がれに至ります。

塗装面の膨れ

仕上塗膜が経年により、コンクリートや下地から浮いた状態になります。弾性塗膜に多く見られる現象です。

鉄部のサビ

雨水等の影響により、鉄にサビが発生します。サビが進行してしまうと、孔食による強度不足などが心配されます。

塗料の種類について

「塗料」と一口で言っても、様々な種類がありますが、外壁用仕上塗料であれば、ここに挙げる4種類が主なものといえます。価格と性能(耐用年数)は比例します。
一般的な名称ですのでインターネット・カタログ等でも確認できると思います。

塗料の種類

アクリル樹脂塗料(単層弾性を含む):安価で幅広く使われていますが、外部用としては長期の耐久性には不安があります。

ウレタン樹脂塗料: 価格的にも性能的にもまずまずの塗料で、アクリル樹脂性塗料に比べ耐久性が高くなっています。

シリコン樹脂塗料:耐候性と耐熱性にも優れ、ウレタン樹脂塗料より更に高い耐久性があります。

フッソ樹脂塗料:高価ですが、耐候性、耐熱性、光沢保持率とすべての面で高性能です。持ちが良い分塗替え回数が少なくて済みます。

塗装箇所と塗料の種類について

塗装箇所と適応する塗料の種類を簡単にまとめてあります。【こちらをクリック】

三重県 四日市、鈴鹿市、桑名市で外壁塗装、屋根塗装、建物の塗り替え、健康塗料を使った室内塗装、防水塗装なら是非、大桑建塗工業へご相談ください。

三重県 四日市、鈴鹿市、桑名市で外壁塗装、屋根塗装、建物の塗り替え、健康塗料を使った室内塗装、防水塗装なら是非、大桑建塗工業へご相談ください。
外壁塗装、壁・屋根の塗り替え、遮熱塗装、健康塗料を使った室内塗装のご相談はもちろんお見積もりは無料です。
お問い合わせは通話料無料のフリーダイアル 0120-009817 もしくは
こちらの»【コンタクトフォーム】からこの“ホームページを見た”とお伝えください。